解決事例

倉庫内での労災(椎間板ヘルニア)で後遺障害11級。損害賠償で900万円を回収

倉庫で約60㎏あるソファー等を一人で移し替えるなどの作業によって、頸椎椎間板ヘルニアを発症。
労災において11級が認められた。
その後、会社に損害賠償請求し、900万円を回収

被害者:事故時30代男性

事故・怪我の状況

被害者は倉庫内において約60㎏あるソファーを移し替える作業や1~5㎏の商品を一人で移し替える作業をしていたところ、首・左肩から上肢にかけて痛みが走り、その後左肩が上がらなくなるという災害に遭いました。

被害者は、頸椎椎間板ヘルニアと診断され、手術を受けましたが、首・左肩・左上肢に疼痛、両手が痺れるという後遺障害が残存し、11級5号が認定されました。

その後、当事務所で会社と安全配慮義務違反に基づく損害賠償について示談交渉を行いました。
その結果、900万円の賠償金の支払いを得ることができました。

主な損害項目 相手方
提示額
認められた額
治療費 2,352,362円
入院雑費 24,000円
文書料 26,350円
交通費 945円
入院付添費 0円
休業損害 1,960,176円
逸失利益 5,583,977円
入通院慰謝料 746,677円
後遺障害慰謝料 4,200,000円
損益相殺 ▲5,230,945円
その他調整 ▲637,182円
既払い除く支払額 9,000,000円

こちらのページもご覧ください

こちらのページでは、仕事が原因で腰痛を患ってしまったケースについて、状況・症状別に解説しております。
どういった症状が出て、生活にどれほどの影響が出ているか」という点から、認められる可能性の高い後遺障害等級や賠償額の相場についてもお伝えしておりますので、是非ご一読ください。

関連記事