会社が「労災申請するな」と言った場合の対処方法

会社から「労災申請をするな」と言われた場合の対処方法

業務中や通勤退勤中などに事故に遭い「労災になるだろう」と思っても、会社から「労災申請をするな」と言われるケースがよくあります。

 

また労災申請をしようとしたときに会社が協力してくれず、申請用紙の会社の記入欄に記入できないことも多くみられます。

 

そんなとき、労働者としてはどう対応すれば良いのでしょうか?

 

今回は、会社から「労災申請をするな」と言われた場合の対処方法を解説します。

 

1.労災隠しは違法

労働災害が起こったとき、会社が「労災申請をするな」などという権利はあるのでしょうか?

 

そもそも労働者を雇用するとき、会社はすべての労働者を労災保険に加入させるべき義務を負っています。これは労災が起こったときに労働者がきちんと補償を受けられるようにするためです。

 

そして実際に労災が起こったときには会社はすぐに労基署に報告しなければなりません。この報告義務は、労働安全衛生法において規定されている会社の法的義務です(労働安全衛生法100条1項、規則97条1項)。

 

それにもかかわらず会社が労災隠しをするのは違法行為ですし、刑事罰も適用されます。罰則の内容は50万円以下の罰金刑です。

 

2.「労災申請するな」と言われた場合に対処方法

会社から「労災申請するな」と言われた場合、労働者としてはどう対応するのが良いのでしょうか?

 

2-1.労災申請はすべき

まずは早めに労災申請をしましょう。労災保険が適用されると、治療費や休業補償などの各種の補償を受けられるので金銭的にかなり助かります。

 

会社には労働者が労災保険を申請するのを止める権利はないので、会社が「するな」と言っても従う必要はありません。申請しないと労災保険は下りないので、早めに手続きすべきです。

 

2-2.会社が協力してくれない場合の対処方法

労災の申請用紙を作成するとき、会社が記入すべき欄があります。会社が労災隠ししようとしている場合、記入には協力しないでしょう。その場合、会社記入欄は空欄のままでかまいません。横に「会社が協力してくれません」などと書いておけば問題なく申請を受け付けてもらえます。

 

2-3.労基署に通報

労災隠しは違法で刑事罰も適用される行為です。そこで捜査権を持っている労基署に通報して適切な対処をとってもらいましょう。

 

労基署が会社に臨検調査を行ったり指導勧告したりすることで会社の態度が変わり、社内で労災を普通に利用できるようになるケースもあります。

 

労災に遭ったら労働者は不自由を強いられます。会社が労災隠しをしようとしても泣き寝入りする必要はありません。兵庫県で労災に遭ってお困りの方は、一人で悩まずに弁護士までご相談ください。

労働災害に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0798-64-1150 受付時間 平日9:30〜19:30 土曜10:00~18:00
労働災害に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0798-64-1150 受付時間 平日9:30〜19:30 土曜10:00~18:00
LINE友達登録