怪我に特化し、医師との情報交換や 医学知識習得を行い、事故型労災に注力

後遺障害の認定、労災申請や示談交渉、 損害賠償請求までワンストップサポート

負担は最小限に。相談無料はもちろん、 ご依頼いただく際も着手金は頂きません

労災事故に特化

労災の中でも怪我に特化しており、絶えず医師との情報交換や医学知識の習得を続け、よりよい解決のために研鑽を積んでおります。

詳細を見る

ワンストップサービス

示談交渉・損害賠償請求だけでなく、金額に大きく関わる後遺障害の認定や、煩雑な労災申請からワンストップでサポートが可能です。

詳細を見る

安心の成功報酬

被災者の方の経済的なご負担を最小限にするべく、相談料はもちろん、ご依頼いただく場合も着手金を頂きません。※事故型労災のみ

詳細を見る

COMMENTARY

労働災害徹底解説

落下事故や挟まれ事故など、一口に労災と言ってもさまざまな態様があり、
事業主・会社に問うことのできる過失は、事故状況によって異なります。
ここでは、典型的な事故型労災のケースごとに弁護士が解説いたします。

労災保険はすべての労働者に適用され、加入することになります。
労災事故に遭ったら、この労災保険からの補償・給付を受け取るよう手続きを行うべきです。

それに加えて、事故における事業主の過失を認めさせることで、損害賠償請求という選択肢があります。
障害が残った場合など、多額の数百万円〜数億円の賠償が認められることも珍しくありません。

労災保険の申請から損害賠償まで、適用される条件や制度、怪我について弁護士が熟知しております。
建設・工事現場や工場、倉庫、運輸・・様々なケースの事例・経験を積んだ弁護士が味方です。

当事務所はこれまで多くの人身傷害事案のご相談をお受けし、賠償金額の増額という形で解決に導いてまいりました。
そこで培った「ケガ」に関する医学的な知識をはじめ、損害賠償、示談交渉のノウハウを武器に、労働災害に遭われた方の身体的・経済的な苦痛を少しでも減らし、賠償額の適正化をめざして日々の業務にあたっております。

 

MESSAGE

代表弁護士より

労災に適正な賠償を

当事務所はこれまで多くの人身傷害事案のご相談をお受けし、賠償金額の増額という形で解決に導いてまいりました。

そこで培った「ケガ」に関する医学的な知識をはじめ、損害賠償、示談交渉のノウハウを武器に、
身体的・経済的な苦痛を減らし、賠償額の適正化をめざして日々の業務にあたっております。

代表弁護士

黒田 修輔

ACCESS

アクセス

兵庫県西宮市甲風園1-10-11-401 中村ビル

最寄り駅

阪急電鉄神戸線・今津線:西宮北口駅 徒歩3分

駐車場

当事務所専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。