弁護士法人黒田パートナーズ|西宮北口法律事務所 労働災害に強い西宮の弁護士 兵庫県西宮市甲風園1丁目10−11 | 西宮北口駅から徒歩3分

無料相談のご予約はこちら 0798-64-1150 平日9:30-19:00 土曜10:00-18:00 メール 24時間受付
適正な補償を受け取れていますか? 労災事故によって怪我を負ってしまった方や、ご家族を亡くされたご遺族の方は、まずはお気軽に、弁護士へご相談ください。 後遺障害の認定、労災申請や示談交渉、損害賠償請求までワンストップでサポート ケガに特化し、医師との情報交換や医学知識習得を行い事故型労災に注力 負担は最小限に―相談無料はもちろん、依頼いただく場合も着手金を頂きません ※ケガ等の事故型労災のみ

本当に十分な労働災害補償を受け取れていますか?
―労働災害を弁護士に相談・依頼するメリット―

       

ご自身やご家族が仕事中に怪我を負ってしまい、どうすればいいか分からず不安なご心境かと思います。まずはお身体を大事にし、治療にあたってください。
と同時に、労基署への給付申請等を行うことで適正な補償を受けられる可能性が高まるのですが、複雑で分からなかったり、会社が応じないケースが多くあります。
そのような場合には、お気軽に弁護士へご相談ください。

しかし、労災保険による給付は、損害の全てを補償するものではないのです。

そこで、労災給付で不足する損害については、会社に対する請求を検討することになるのですが、これによって数百万円、数千万円増額することも少なくありません。

例えば事業主は、就業場所や使用する機器や器具の管理など、労働者の生命や身体を保護するように配慮し安全を確保しなければならない「安全配慮義務」を負います。
そのため、業務によって、生命や身体に損害が発生した際には使用者に対して損害賠償請求を検討することができます。

また、「不法行為」を根拠として損害賠償請求を行うことも可能です。
事業主は、労働者が就労中に事故に遭わないよう作業管理や労働環境を整備しなければならず、機械を使用する際にも労働者に危険が生じないよう努めなければなりません。
事業主がこれらの安全配慮義務を怠っていた場合には、事業主に対し安全配慮義務違反として損害賠償を行うことが出来ます。

上記は主張の一例です。その他、事業主の過失を主張することで、大幅な増額を果たすことが多いのです。

労働災害に遭ってしまったら、一人で悩まれることなく、ぜひ労災問題に力を入れている当事務所にご相談ください。

弁護士介入前(労災補償のみ) 300万円 / 弁護士介入後(労災補償+損害賠償) 1500万円

当事務所が選ばれる理由

       

当事務所はこれまで多くの人身傷害事案のご相談をお受けし、賠償金額の増額という形で解決に導いてまいりました。
そこで培った「ケガ」に関する医学的な知識をはじめ、損害賠償、示談交渉のノウハウを武器に、労働災害に遭われた方の身体的・経済的な苦痛を少しでも減らし、賠償額の適正化をめざして日々の業務にあたっております。

労災は事故直後から警察や保険会社への連絡、労働基準監督署への申請など手続きがきわめて煩雑で、被災者ご自身で進めるには難しいケースが少なくありません。
また、会社とのやり取りは殺伐としており、ストレスに感じられる方も多くいらっしゃいます。

そこで、当事務所では「労災申請」から始まる煩雑なやり取りを一手にお引き受けする「ワンストップサービス」という形でのサポートをご提供しております。
会社とのやり取りにおいて、会社側の過失を正しく主張することは、その道のプロである弁護士にお任せください。

当事務所では、労働災害に遭われた方のご負担にならないよう、ご相談を無料でお受けしておりますので、お気軽にご利用ください。
また、ご依頼いただいた場合も「着手金」は頂かず、成功報酬という形で費用を頂戴する形とし、安心してご依頼いただけるような費用設計となっております。

発生から解決までの流れ

  • STEP01 事故発生

    業務中に事故にあわれたら治療を最優先してください。また、業務中や通勤途中の「交通」事故の場合には、警察や保険会社へも連絡する必要があります。事故発生時の事実関係を把握しておくことも重要です。

  • STEP02 労災保険給付申請

    事故が起こったら労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をする必要があります。会社が労災の申請をしない場合は労働基準監督署にご相談することをお薦めいたします。

  • STEP03 会社との交渉

    会社側が提示する賠償金額が明らかに低い場合や、事故の責任を全否定し賠償金の支払いに応じてこない場合があります。弁護士に依頼をしていただくことで、事業主との対等な交渉が可能になります。

  • STEP04 裁判手続き

    会社との交渉が成立しない場合には、裁判によって最終的な賠償金額を争うことになります。事業主の安全配慮義務違反や不法行為についても争っていくことになります。

  • STEP05 解決

    会社との交渉・裁判によって、労災に遭われた相談者の適切な賠償金の獲得を目指します。

事故状況による解説

  • 落下
  • 転倒
  • 挟まれた
  • ひかれた
  • 火傷
  • 物に当たった・潰された

労働災害に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0798-64-1150 受付時間 平日9:30〜19:30 土曜10:00~18:00
LINE友達登録

新着情報

  • 後遺障害の認定、労災申請や示談交渉、損害賠償請求までワンストップでサポート
  • ケガに特化し、医師との情報交換や医学知識習得を行い事故型労災に注力
  • 負担は最小限に―相談無料はもちろん、依頼いただく場合も着手金を頂きません ※ケガ等の事故型労災のみ

本当に十分な労働災害補償を受け取れていますか?
―労働災害を弁護士に相談・依頼するメリット―

ご自身やご家族が仕事中に怪我を負ってしまい、どうすればいいか分からず不安なご心境かと思います。まずはお身体を大事にし、治療にあたってください。
と同時に、労基署への給付申請等を行うことで適正な補償を受けられる可能性が高まるのですが、複雑で分からなかったり、会社が応じないケースが多くあります。
そのような場合には、お気軽に弁護士へご相談ください。

しかし、労災保険による給付は、損害の全てを補償するものではないのです。

そこで、労災給付で不足する損害については、会社に対する請求を検討することになるのですが、これによって数百万円、数千万円増額することも少なくありません。

例えば事業主は、就業場所や使用する機器や器具の管理など、労働者の生命や身体を保護するように配慮し安全を確保しなければならない「安全配慮義務」を負います。
そのため、業務によって、生命や身体に損害が発生した際には使用者に対して損害賠償請求を検討することができます。

また、「不法行為」を根拠として損害賠償請求を行うことも可能です。
事業主は、労働者が就労中に事故に遭わないよう作業管理や労働環境を整備しなければならず、機械を使用する際にも労働者に危険が生じないよう努めなければなりません。
事業主がこれらの安全配慮義務を怠っていた場合には、事業主に対し安全配慮義務違反として損害賠償を行うことが出来ます。

上記は主張の一例です。その他、事業主の過失を主張することで、大幅な増額を果たすことが多いのです。

労働災害に遭ってしまったら、一人で悩まれることなく、ぜひ労災問題に力を入れている当事務所にご相談ください。

弁護士介入前(労災補償のみ) 300万円 / 弁護士介入後(労災補償+損害賠償) 1500万円

労働災害Q&A


  • 自分に過失があっても損害賠償請求できる?
    自分に過失があっても損害賠償請求できる?

  • 会社から「労災申請をするな」と言われている
    会社から「労災申請をするな」と言われている

  • 損害賠償の請求はどんな場合に可能?
    損害賠償の請求はどんな場合に可能?

  • 退職しないで労災申請や損害賠償はできる?
    退職しないで労災申請や損害賠償はできる?

当事務所が選ばれる理由

当事務所はこれまで多くの人身傷害事案のご相談をお受けし、賠償金額の増額という形で解決に導いてまいりました。
そこで培った「ケガ」に関する医学的な知識をはじめ、損害賠償、示談交渉のノウハウを武器に、労働災害に遭われた方の身体的・経済的な苦痛を少しでも減らし、賠償額の適正化をめざして日々の業務にあたっております。

労災は事故直後から警察や保険会社への連絡、労働基準監督署への申請など手続きがきわめて煩雑で、被災者ご自身で進めるには難しいケースが少なくありません。
また、会社とのやり取りは殺伐としており、ストレスに感じられる方も多くいらっしゃいます。

そこで、当事務所では「労災申請」から始まる煩雑なやり取りを一手にお引き受けする「ワンストップサービス」という形でのサポートをご提供しております。
会社とのやり取りにおいて、会社側の過失を正しく主張することは、その道のプロである弁護士にお任せください。

当事務所では、労働災害に遭われた方のご負担にならないよう、ご相談を無料でお受けしておりますので、お気軽にご利用ください。
また、ご依頼いただいた場合も「着手金」は頂かず、成功報酬という形で費用を頂戴する形とし、安心してご依頼いただけるような費用設計となっております。

発生から解決までの流れ

  • STEP01 事故発生

    業務中に事故にあわれたら治療を最優先してください。また、業務中や通勤途中の「交通」事故の場合には、警察や保険会社へも連絡する必要があります。事故発生時の事実関係を把握しておくことも重要です。

  • STEP02 労災保険給付申請

    事故が起こったら労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をする必要があります。会社が労災の申請をしない場合は労働基準監督署にご相談することをお薦めいたします。

  • STEP03 会社との交渉

    会社側が提示する賠償金額が明らかに低い場合や、事故の責任を全否定し賠償金の支払いに応じてこない場合があります。弁護士に依頼をしていただくことで、事業主との対等な交渉が可能になります。

  • STEP04 裁判手続き

    会社との交渉が成立しない場合には、裁判によって最終的な賠償金額を争うことになります。事業主の安全配慮義務違反や不法行為についても争っていくことになります。

  • STEP05 解決

    会社との交渉・裁判によって、労災に遭われた相談者の適切な賠償金の獲得を目指します。

状況別コンテンツ

  • 労働災害申請に対して不安に思われている方へ
  • 通勤中事故に遭ってしまった方へ
  • アスベスト被害者の方へ
  • 事故に遭ってしまった外国人の方へ

事故状況による解説

  • 落下
  • 転倒
  • ひかれた
  • 火傷
  • 挟まれた
  • 物に当たった・潰された

労働災害に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0798-64-1150 受付時間 平日9:30〜19:30 土曜10:00~18:00